ホーム > ニュース > オーガニックニュース【特集】 > 暮らしとビジネスを考える ソーシャルイノベーションセミナー100 > 環境再生型農業・有機JASの先にあるもの【OLE 9月22日(土)12:30~】

環境再生型農業・有機JASの先にあるもの【OLE 9月22日(土)12:30~】

2018 / 08 / 25ニュース


2018年9月22日(土)第3回オーガニックライフスタイルEXPO、メインステージにてスペシャルセミナー『環境再生型農業・有機JASの先にあるもの~Regenerative Organic Certifiedの取組~』が開催されます。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックにおいて、選手村で提供される食材については、GAPがベース基準、オーガニック(有機JAS)が推奨基準とされています。GAPと有機JASを比較する議論は様々なところでされていますが、大枠で考えれば、本来はどちらも環境や健康に対する負荷を減らすこと、生物多様性を推進すること、さらに、そのような農業を行うことにより、生産者が再生産可能な利益を得られるようになることを目的として定められたものであり、「環境再生型農業」という大きな傘の下にあるものと考えられます。一方で、GAPと有機JASの両方の認証を取得するために、大きな負担を強いられている農業従事者も存在します。

ここで、改めて、「環境再生型農業を広げていくために、今後、認証制度はどのような方向に進むべきなのか?」「より多くの消費者の支持を得られる認証制度とはいったいどんなものなのか?」を考えます。GAPや有機JASをベースにしながらも、それぞれの認証機関が独自の基準をオプションとして設定することにより、それぞれの農産物の付加価値(魅力)が、より分かりやすくなるのではないか?そのような可能性も探っていきたいと思います。

環境再生型農業・有機JASの先にあるもの【OLE 9月22日(土)12:30~】

環境再生型農業・有機JASの先にあるもの
~Regenerative Organic Certifiedの取組~

■開催日時:2018年9月22日(土)12:30~14:30(12:10~受付開始)
■会場:東京国際フォーラム
第3回オーガニックライフスタイルEXPO メインステージ
■参加費:無料
■定員:200名

■登壇者:
Michael Bronner(Dr. Bronner’s President)
辻井 隆行(パタゴニア日本支社 支社長)
徳江 倫明(一社)オーガニックフォーラムジャパン 会長)

▽お申込み・詳細(フォームに必要事項を入力しお申込み下さい。)
https://food-trust.jp/seminar100/0922m2/

※当セミナーへのご入場は9月22日・23日東京国際フォーラムにて開催される、「オーガニックライフスタイルEXPO」への入場証が必要となります。入場招待券をお持ちでない方は、事前登録を公式ホームページより行っておりますので、事前登録をお願い致します。
https://ofj.or.jp/app01.html

▽第3回オーガニックライフスタイルEXPO
企画テーマ展示セミナー&イベント
https://ofj.or.jp/semi-event.html

【来場登録受付開始】第3回オーガニックライフスタイルEXPO 2018年9月22日(土)・23日(日)

▽一般社団法人 オーガニックフォーラムジャパン
https://ofj.or.jp/