ホーム > 特集コラム > オーガニックコラム【連載】

オーガニックコラム【連載】

日系デパート内に有機(有机)が溢れてる!上海スーパー事情

街中の飲食店だけでなく炉端の屋台でもQR決済などが進む中国。スーパーマーケットなど店舗のオーガニックの市場はどの程度広がっているのか、お買い物をするお客さん目線で実際に回って見て雰囲気を感じてきました。 ...続きを読む>>

2019 / 03 / 2 特集コラム

アジアの辛味・胡椒

タイ料理は辛いけど、ドレモコレモ、目から汗が吹き出るわけではない。確かに南部料理やイーサン料理は辛いが、中央部の料理はあっけないほど穏やかだ。なんたって今から300年ほど前までは香辛料はチリではなく、胡椒が使われていたそうだ。 ...続きを読む>>

2019 / 02 / 21 特集コラム

全ての人にオーガニックを。ディスカウンターがオーガニック認証団体と提携!?

世界29ヶ国で約10,500店舗を展開するディスカウントストア「Lidl (リドル)」は、昨年秋にオーガニック生産者団体「Bioland (ビオラント)」と提携を発表しました。ディスカウンターでもオーガニックPB製品を導入する動きは進んでいます。 ...続きを読む>>

2019 / 02 / 10 特集コラム

春の七草とは

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」。旧暦では、人日の節句は2月頃となる。この春の七草、1月の初旬に自生している野草を見つけのは難しい。ましてや、あぜ道や土手などが無い都会ならなおさらのことだ。 ...続きを読む>>

2019 / 02 / 1 特集コラム

ゼロ・ウェイストショップ「バルクマーケット」

ゼロ・ウェイストショップ「バルクマーケット(Bulk Market)」へ足を運んで来ました。フードウェイスト・パッケージウェイストの問題に立ち向かい、また私たちの生活や環境に違いをもたらすサプライヤーを支援するというのがバルクマーケットです。 ...続きを読む>>

2019 / 01 / 24 特集コラム

オーガニック醤油比べ。タイ産と日本産

オーサワ生醤油(オーガニック日本製)、酒造りのプロが作った醤油(たまり系)、「本醸造/茜醤油」(オーガニック日本製)、タイのオーガニック醤油「Morisoya」。小皿に出して見ると、醤油ってこんなに色が違うんだと驚いた! ...続きを読む>>

2019 / 01 / 20 特集コラム

プラスチック製の包装は本当に必要か?

英国では、野菜や果物を包装しているプラスチック製パッケージが無駄ではないか?という稟議がされています。同時にゼロ・ウェイストショップが次々と新しく店を構えているのを見ると、エコの時代が本格的に到来するような気配を感じます。 ...続きを読む>>

2018 / 12 / 1 特集コラム

バンコクの二子玉、ICONSAIMオープン

チャオプラヤー川の西岸に敷地面積3,6万平方メートルの巨大な大型複合商業施設「ICONSAIM(アイコンサイアム)」が11月10日にオープンした。長年、建築途中のコンクリ姿を川面にさらしていたが、いよいよ稼働となる。 ...続きを読む>>

2018 / 11 / 22 特集コラム

有機ニンジンでタイ味きんぴら

日本は根菜の国だなぁ~と思う。タイの野菜は、圧倒的に葉物だらけだ。だがバンコクに限れば、健康志向に支えられ、このところ根菜の需要も拡大し、オーガニック育ちの根菜類が数社から出まわっている。なかでもニンジンは、私が住み始めた15年前とは比べ物にならない。 ...続きを読む>>

2018 / 10 / 22 特集コラム

どこもアメリカン!広大な土地に店舗を構えるボイシのスーパー

アイダホポテトで有名なアイダホ州のボイシ(Boise)は、山に囲まれ自然にあふれた、乳製品の生産も盛んな場所です。今回はオーガニックに関係するマーケットの、トレンドや雰囲気を見てきました。 ...続きを読む>>

2018 / 10 / 6 特集コラム