ホーム > 特集コラム

■特集コラム

国内や海外でのオーガニック製品のトレンドをはじめ、いまさら聞けない業界常識、売上向上のためのヒントなど、オーガニック業界に役立てていただけるような視点を大切にしています。オーガニックコラムや日常に役立つオーガニックレシピなど、楽しいオーガニック情報もお届けしていきます。

干し柿の作り方

軒先にずらりと吊るされた干し柿は、日本の原風景を思わせる懐かしい光景。今では都会ではもちろん、地方でもあまり見られなくなってきているかも?工夫次第で都会でも干し柿づくりは可能。材料は渋柿、そしてつるす紐だけ! ...続きを読む>>

2018 / 11 / 1 特集コラム

渋柿の渋ぬき。さわし柿の作り方

「柿が赤くなると、医者が青くなる」という有名なことわざがあるくらい、柿はビタミンCをはじめβカロテン、食物繊維やミネラルをたっぷり含んだとても栄養価の高い果物。渋柿は渋抜きをする(さわす)ことで、美味しく食べられるように! ...続きを読む>>

2018 / 10 / 25 特集コラム

有機ニンジンでタイ味きんぴら

日本は根菜の国だなぁ~と思う。タイの野菜は、圧倒的に葉物だらけだ。だがバンコクに限れば、健康志向に支えられ、このところ根菜の需要も拡大し、オーガニック育ちの根菜類が数社から出まわっている。なかでもニンジンは、私が住み始めた15年前とは比べ物にならない。 ...続きを読む>>

2018 / 10 / 22 特集コラム

柿と胡桃のパウンドケーキ

秋は柿の美味しい季節。生のままや干し柿として食べるイメージが強い柿ですが、焼菓子にしても美味しい!たくさんもらって食べきれなかったり、完熟してしまいそうな場合は、美味しいパウンドケーキにしてみては? ...続きを読む>>

2018 / 10 / 20 特集コラム

有機かぶと柿のなます

秋を代表する果物といえば柿。そのままデザートとして食べるのはもちろんのこと、熟度によって、歯ごたえを生かしたサラダや酢の物、甘さやとろみを生かした白和えといったお惣菜などにも不思議とマッチしてしまう。 ...続きを読む>>

2018 / 10 / 15 特集コラム

有機ヤーコンのきんぴら

見た目はさつま芋?南米アンデス原産のキク科の多年草「ヤーコン」という名の野菜。塊根部分はシャキシャキとした食感が特徴で、ポリフェノールやオリゴ糖が多く含まれる、健康的な野菜として近年注目されている。 ...続きを読む>>

2018 / 10 / 10 特集コラム

どこもアメリカン!広大な土地に店舗を構えるボイシのスーパー

アイダホポテトで有名なアイダホ州のボイシ(Boise)は、山に囲まれ自然にあふれた、乳製品の生産も盛んな場所です。今回はオーガニックに関係するマーケットの、トレンドや雰囲気を見てきました。 ...続きを読む>>

2018 / 10 / 6 特集コラム

ローカルを愛する街。食品以外のオーガニックも広がるポートランド

全米で住みたい街ナンバーワンとも言われ、環境に優しい自転車通勤が根付いて、ランナーからも人気の高いオレゴン州の都市ポートランド。今回もオーガニックに関係するフードやコスメのマーケットの、トレンドや雰囲気を見てきました。 ...続きを読む>>

2018 / 10 / 5 特集コラム

卵・乳製品不使用。有機全粒粉のヴィーガンスコーン

朝食やアフタヌーンティーなどおやつで人気のスコーン。一般的にはバターや牛乳などの乳製品や卵を使うところを、植物性の油や豆乳などで代用すれば、ヴィーガン仕様のスコーンに。全粒粉を配合すれば香ばしさも栄養価もUP! ...続きを読む>>

2018 / 10 / 5 特集コラム

卵・乳製品不使用。完熟オーガニックバナナのマフィン

茶色い斑点が出た頃の、熟しておいしいバナナ。そのまま食べるにはぐちゅっと柔らかく熟れすぎてしまった!という時も、捨ててしまうのはもったいない!食べ頃のものはもちろん、完熟しすぎのバナナはマフィンにしてしまおう。 ...続きを読む>>

2018 / 10 / 1 特集コラム