ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 自然派おやつ > 胡桃と豆乳のおしるこ「クルミ汁粉」

胡桃と豆乳のおしるこ「クルミ汁粉」

2019 / 01 / 10特集コラム


1月11日は鏡開き。鏡開きとは、お正月の間お供えしていた鏡餅を下げて、お雑煮やおしるこにして食べる風習だ。一昔前なら、お供えをしている間に乾燥してしまったお餅。包丁などで切ってはいけないというが、最近では真空パックのものが多いため、木槌で割ろうとしても、簡単には砕けないかもしれない。そんな鏡開きの日、開いたお餅や余ってしまったお餅は温かいお汁粉に!定番の小豆の汁粉も美味しいが、栄養たっぷりのクルミ汁粉もおすすめ。肌寒いこの季節には汁粉のとろみ付けに本葛粉を使用して、体の中からあたたまろう。

■材料
有機くるみ 60g
有機豆乳  500ml
甜菜糖     大さじ2
塩     ひとつまみ
本葛粉     10g
有機餅   適量

※お餅の代わりに白玉団子でもOK。鏡開きには、お供えの鏡餅を使用して。

■道具
鍋・木べら・すり鉢・すりこぎ

■作り方
1.くるみはさっと茹でてざるにあげ、すり鉢に移して細かくなるまですりつぶす。甜菜糖を加えてなめらかにする。

胡桃と豆乳のおしるこ「クルミ汁粉」
2.鍋に豆乳、1の胡桃と甜菜糖のペーストを合わせて加熱する。塩ひとつまみを入れて味を調える。

胡桃と豆乳のおしるこ「クルミ汁粉」
3.分量外の少量のお水で溶いた葛粉を入れて、ゆるくとろみがつくまで加熱する。

胡桃と豆乳のおしるこ「クルミ汁粉」
4.お餅を焼き(または茹でる)、器に盛り付ける。彩りに胡桃を添えても◎

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato