ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 自然派おやつ > 余ったおせちの黒豆を活用。抹茶と黒豆のマフィン

余ったおせちの黒豆を活用。抹茶と黒豆のマフィン

2019 / 01 / 5特集コラム


おせちの定番、黒煮豆。手作りする方も多いものの、一鍋分作るとお重に詰め後、大量に余ってしまうということも多いのでは?日持ちもしてそのまま食べても美味しい黒豆だが、たくさん作って消費しきれない!という時は、美味しいおやつにしてしまうのもおすすめ。黒豆と相性の良い抹茶とあわせて、老若男女に好まれる和風のマフィンにリメイク。お正月休みの間のおやつや朝食などにもGOOD!卵や牛乳、バターを使わないので、ベジタリアンの方も◎

■材料
有機小麦粉 140g
黒煮豆   100g
有機アーモンドミルク  160ml
ごま油(白・生搾り) 大さじ2
甜菜糖   大さじ3
ベーキングパウダー(アルミニウムフリー) 小さじ2
有機抹茶粉末 5g

■道具
粉ふるい・ボウル・ヘラ・マフィン用型6個・マフィンカップ 紙型・オーブン

■作り方
1.ボウルにアーモンドミルク、抹茶を入れて混ぜ溶かす。甜菜糖も加えて混ぜ、油を入れる。

余ったおせちの黒豆を活用。抹茶と黒豆のマフィン
2.ふるっておいた小麦粉とベーキングパウダーを1に加えてなめらかになるまで混ぜる。最後に黒豆(煮汁はなるべく入れない)を加える。

余ったおせちの黒豆を活用。抹茶と黒豆のマフィン
3.マフィン型に紙型をしき、黒豆が均等になるように生地を流し入れる。

余ったおせちの黒豆を活用。抹茶と黒豆のマフィン

4.180度に熱したオーブンで20分程度焼く。
※竹串をさして焼きあがりを確認する。生焼けなのに表面が焦げそうになったら、アルミホイルでカバーするなどしながら焼き加減、焼き時間を調整する。

余ったおせちの黒豆を活用。抹茶と黒豆のマフィン
5.焼きあがったら型から出して冷ます。

余ったおせちの黒豆を活用。抹茶と黒豆のマフィン
Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato