ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 調味料・ソース・ディップ > エストラゴンの酢漬「タラゴンビネガー」の作り方

エストラゴンの酢漬「タラゴンビネガー」の作り方

2018 / 09 / 1特集コラム


フランス料理には欠かせない定番のハーブと言われるタラゴン(エストラゴン)。タラゴンビネガーや酢漬は、いざ使いたい時に近くで売っていないことも多いため、自家製で作っておくと便利!フレッシュハーブを使って作る「タラゴンビネガー」は、ドレッシングのベースとしてや、マリネ、ピクルスなどに使ったり。つけていた葉っぱは刻んでタルタルなどに。また、お魚や肉料理にかけるソースやドレッシングにプラスしてみて。

■材料
有機タラゴン(生) 30g程度
有機白ワインビネガー 200ml

■道具
保存瓶

エストラゴンの酢漬「タラゴンビネガー」の作り方

■作り方
1.タラゴン(エストラゴン)は洗って水気をきっておく。茎の固い部分から葉を摘む。

エストラゴンの酢漬「タラゴンビネガー」の作り方

2.煮沸消毒しておいた保存瓶にタラゴンを入れ、ワインビネガーを注ぐ。瓶の蓋を閉めてそのまま2~3週間程度漬ける。

エストラゴンの酢漬「タラゴンビネガー」の作り方

1週間後

エストラゴンの酢漬「タラゴンビネガー」の作り方

3週間後

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato