ホーム > 特集コラム > 国内オーガニック情報 > ショップ・売場 > 宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感

2019 / 12 / 22特集コラム


2019年12月9日、京都・四条河原町にホテルと物販・サービスを提供する新複合型商業施設「GOOD NATURE STATION」が誕生しました。木を基調とし、ナチュラルトーンでまとめられたホテルやショップは他にもありますが、見た目の印象だけでなく本質の部分でしっかりと、“GOOD NATURE”を体感できる工夫が細部にされています。

例えば、ホテルのアメニティ。日本では格安のビジネスホテルでさえ当たり前のように、シャンプーやコンディショナーはもちろん、歯ブラシやヘアブラシ、スリッパなどが充実しています。それらは持ち帰れるものであり、使い捨てとなってしまうものがほとんど。「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」は、あえて使い捨てプラスチックを極力使わないように、歯ブラシ、ヘアブラシ、髭剃り等は設置しないスタイルを選択しました。(必要な方のためにはフロントで販売しています)浴室と洗面所には、シャンプー&コンディショナー、ボディシャンプー、ハンドソープは、オリジナルコスメブランド「NEMOHAMO」本体が設置されています。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感

「NEMOHAMO」は石油由来原料は使用していません。トイレタリーシリーズの容器もサトウキビ廃材を利用したバイオマスPEを採用し、廃棄焼却時のCO₂排出量を削減する配慮をしています。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感
タオルはオーガニックコットン。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感
スリッパも、使い捨てではありません。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感
また、ベッドルームには快眠をサポートし、自然のリズムで目覚める「サーカディアンリズム」を搭載した照明を設置しています。

GOOD NATURE HOTEL KYOTO は、建物内で暮らし、働く居住者の健康や快適性に焦点を当てた建物・室内環境評価システム「WELL認証」の取得を進めており、取得した場合ホテルとしては世界で初めてとなる見込みです。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感
4Fのホテルロビーには、開放感あふれる中庭が。植物の壁に囲まれた吹き抜けの上を見上げると、空へとつながっています。この植物はもちろんホンモノで、2年かけて富士山麓で育てたものを植えたそう。まだ所々透けていますが、2~3年もすればきっと、青々とした立派なグリーンの壁になることでしょう。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感
もう一方の中庭もまた吹き抜けになっているのですが、枯山水の庭園があるこのスペースでは、外の空気と太陽を感じながらのヨガなど、プログラムも開催されます。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感
また、宿泊客向けの館内ツアーや、近隣の農家さんを訪問するなどのオプショナルツアー「GOOD NATURE ACTIVITY」も開催しています。この日はタケノコを育てる農家さんにお話を伺ったり、レモンの収穫体験も行われました。収穫シーズンの短い竹の子ですが、オフシーズンの間も竹林の手入れがされています。例えば、農産物を収穫できない時期にもこのような体験ツアーを行うことで、農家さんを収入面で支えることもできます。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感
参加者は、普段聞けないようなお話を農家さんから直接聞いたり体験することができ、農業に対する親しみや理解がより一層深まります。また収穫の時期になれば、1Fのマーケットで購入したりレストランで味わうこともできます。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感
収穫体験の際にいただいた、ホットレモンティー。ちなみにこちらのカップはGOOD NATURE MARKET のイートインコーナーで採用されているもので、プラスティックの蓋が不要の、折りたたみ式バタフライカップです。

1F「GOOD NATURE MARKET」もまた、“体験”のある売り場となっていました。この日は菌床栽培の椎茸を、その場で収穫して購入できるような楽しい工夫がされていました。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感
実際に椎茸ってどのようにできるものなのか?その姿を知るだけでなく、子供も大人も、お店の中で自然を体感。一緒に農作物を収穫することの楽しさも学ぶことができるでしょう。また、ただ並べて販売するのではなく、学べるディスプレイも随所に見られる売り場です。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感
GOOD NATURE MARKET、イートインコーナーに設置されたごみ分別の返却口。テイクアウト用の容器は紙製の箱。スプーン、フォーク類は、植物素材の生分解性プラスチック、ストローは生分解性サトウキビストローを使用。利用後はリサイクルできるよう、きちんと分別します。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感

また、食品ロスや食品廃棄物の堆肥化にも取り組んでいます。館内に「生ごみ処理機」を設置し、農業用の堆肥として循環型農業を実現。施設から出るごみを削減し、それを農業に活用するエコサイクルを確立することで、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて取り組みます。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも。館内まるごと“GOOD NATURE”を体感
実際にこの仕組みによりつくられた堆肥を使い栽培された、近江園田ふぁーむさんのお米は、GOOD NATURE MARKETで購入することができます。

宿泊とアクティビティ、商品や売り場からも、館内まるごと“GOOD NATURE”を体感できる場所。自然と共生する価値観を発信するだけの施設ではなく、本質を理解し正しい意識を持った上で、課題解決に向けて行動を起こしているのは素晴らしいですね。表面的じゃない、「GOOD NATURE STATION」さんの本気が伝わってきました。

▽GOOD NATURE STATION
https://goodnaturestation.com/