ホーム > ニュース > 報道発表・企業広報 > ニュースリリース > イオン株式会社がオーガニックスーパーマーケット事業を展開。仏との合弁会社「ビオセボン・ジャポン株式会社」設立

イオン株式会社がオーガニックスーパーマーケット事業を展開。仏との合弁会社「ビオセボン・ジャポン株式会社」設立

2016 / 05 / 16ニュース


イオン株式会社(本社所在地:千葉県、代表執行役社長:岡田元也)が、フランスを中心に欧州でオーガニック小型スーパーマーケット事業を展開する、Bio c’ Bon社(本社所在地:パリ、CEO:Thierry Chouraqui)を傘下に持つMarne & Finance Europe社(本社所在地:ブリュッセル、代表者:Thierry Chouraqui)との合弁会社設立に、本日基本合意した。新会社となるビオセボン・ジャポン株式会社(Bio c’ Bon Japon)は、年内に都内第一号店オープンを予定している。

イオン株式会社がオーガニックスーパーマーケット事業を展開。仏との合弁会社「ビオセボン・ジャパン株式会社」設立

店舗外観イメージ

2008年創業したBio c’ Bon社は、フランスのパリ市内にオーガニックスーパー「Bio c’ Bon」を90店舗展開するなど、“鮮度の良い生鮮商品”と“日常使いできるお求めやすい価格”を強みに成長を続けている。現在、イタリアのミラノ、スペイン マドリッドなどの都市部への出店も加速させ、フランスにおけるオーガニック市場の拡大を牽引している。

イオン株式会社がオーガニックスーパーマーケット事業を展開。仏との合弁会社「ビオセボン・ジャパン株式会社」設立

売り場イメージ

野菜や米の生産など農業への参入、PB(プライベートブランド)「トップバリュ グリーンアイ」等、オーガニック認証商品の展開など、これまでも日本におけるオーガニック市場拡大に積極的に取り組んできたイオン。新たなオーガニック小型スーパーの店舗展開にあたり、Bio c’ Bon のノウハウを最大限活用。有機農産物の生産農家、有機農業転換農家への支援も行いながら、店舗展開を進めていく。

ビオセボン店舗での取扱いは、国内の有機農産物をはじめ、生鮮食品、加工食品、オーガニックワイン、化粧品、日用品等を予定。魅力的で豊富な商品ラインナップとサービスで、日本におけるオーガニック市場拡大を牽引していくことが今後期待される。

■会社概要
・会社名:ビオセボン・ジャポン株式会社(Bio c’ Bon Japon)
・代表取締役:土谷 美津子
・本社所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
・設立日:2016年6月
・事業内容:オーガニックスーパーマーケット事業
・出資比率 :イオン 50%、Marne & Finance Europe 50%

▽プレスリリース
http://www.aeon.info/news/2016_1/pdf/160516R_1.pdf