ホーム > 地方創生 > 都道府県別 > 宮城県 > 生産・加工・販売も自分たちの手で。宮城県「カネサオーガニック味噌工房」が都内に直営店をオープン

生産・加工・販売も自分たちの手で。宮城県「カネサオーガニック味噌工房」が都内に直営店をオープン

2017 / 09 / 6地方創生


宮城県で有機農業を営み、有機味噌等オーガニック発酵食品を中心に、製造・販売を行うカネサオーガニック味噌工房が、2017年9月東京世田谷区・松陰神社前の商店街に「カネサオーガニック味噌工房 松陰神社前」をオープンしました。

「食べてくれる人が、心から安心できるものをつくりたい。」そんな思いから、20年以上有機栽培の米・大豆を続けるうちに「より食べる人を身近に感じたい」と、2014年より自分達で育てた農産物を使ってお味噌を始めとするオーガニック発酵食品の製造をスタート。始めは宮城県内中心の販売のみでしたが、東京のファーマーズマーケット等での販売を重ねるにつれ、「オーガニック食材を作り手から直接買いたい、もっと繋がりたいと思っている人がいるのでは」と感じ、地域の方と密着型で農業・有機・発酵の魅力等を伝えられる拠点となる直営店舗を構えるに至りました。

生産・加工・販売も自分たちの手で。宮城県「カネサオーガニック味噌工房」が都内に直営店をオープン
カネサオーガニック店工房のこだわり

1.人にも自然にもやさしい有機農法 

私たちはすべての米や大豆を有機農法で作っています。農薬や化学肥料を使うと、土に大きな負荷がかかるだけでなく、理想とする品質の農作物を作ることができないからです。使用する肥料も、できる限り自然のサイクルに逆らわぬよう、自分たちで作った米ぬかや大豆を使用しています。

2.生産・加工・出荷を自分たちの手で

コンビニやスーパー、インターネット上にも便利でお手頃な食品が溢れていますが、それが本当に安心して食べられるものかどうかを知ることは難しい世の中です。私たちは原材料の生産から加工、出荷までを一貫して自分たちの手で行うことで、みなさまの食生活をより安全で豊かなものにしたいと考えています。

3.厳選した素材を使い丁寧に手づくり

食品の加工は、種子島産のサトウキビを原材料とした粗糖や自社栽培の有機玉ねぎなど、国産素材を中心に厳選したものを素材として使用し、無添加・無着色で行っています。素材本来の味わいを最大限に引き出すために、すべての製造工程を一つひとつ丁寧に時間をかけて、手づくりで行っています。

生産・加工・販売も自分たちの手で。宮城県「カネサオーガニック味噌工房」が都内に直営店をオープン

カネサオーガニック味噌工房 松陰神社前
店舗にて販売予定の商品

・宮城県産有機栽培米(ひとめぼれ、つや姫、ササニシキ。玄米・白米それぞれ)
・宮城県産有機大豆ミヤギシロメ
・有機生味噌(ミヤギシロメ、有機米100%使用。天然醸造)
・有機生糀
・有機甘酒/古代米甘酒
・有機塩糀
・手づくり味噌キット
・焙煎玄米粉
・乾燥椎茸(原木栽培)
・和風椎茸ドレッシング
・レモンヨーグルトドレッシング

商品の原材料のほとんどを、自分達で有機栽培育てるところから始めています。(たとえばドレッシングに使っている玉ねぎ等も)他の材料に関しても、安心して食べられる国産食材にこだわっています。商品の加工・製造からお客様に商品をお渡しするところまで、全て一貫して行っているのが特徴です。

生産・加工・販売も自分たちの手で。宮城県「カネサオーガニック味噌工房」が都内に直営店をオープン
「カネサオーガニック味噌工房 松陰神社前」では、お味噌汁の試食等もご用意。また、店舗近くのコミュニティスペースでは、地域の方々と味噌作り教室も開催していく予定です。

まずは長く地域の方々に愛されるお味噌屋になることを目標に。

味噌作り教室の他にも、農家ならではの知識や経験を共有できる勉強会や食育セミナーなども開催していきたいと考えています。

生産・加工・販売も自分たちの手で。宮城県「カネサオーガニック味噌工房」が都内に直営店をオープン

カネサオーガニック味噌工房 松陰神社前
アクセス: 世田谷線「松陰神社前」駅より徒歩約2分
※世田谷通りの反対側、松陰神社方向に進んで下さい
住所:東京都世田谷区若林4-17-11 TSビル1階
営業時間:10:00~19:00
※不定休(Facebookページにて月始めにお知らせ)

▽Facebook
https://www.facebook.com/kanesaorganic/

▽カネサオーガニック味噌工房
https://www.kanesaorganic.jp/