ホーム > 特集コラム > 【野菜別】有機野菜のレシピ > 大根 / RADISH

大根 / RADISH

紅芯大根と有機米の大根めし。紅色の大根ご飯

質素な食べ物という印象もある「大根飯」だが、消化も良くヘルシーで、ご飯の量を減らすことができるということから最近の若い世代にも注目されている。紅芯大根(こうしんだいこん)を白米と一緒に炊くと、ほんのりとピンク色に色付く大根飯(だいこんめし)に! ...続きを読む>>

2016 / 03 / 1 特集コラム

冬に食べたい煮物。有機大根と寒鰤、ぶり大根

冬に旬を迎える大根。天然のブリは「寒ブリ」と呼ばれる12月から2月頃の間の寒い時期が、脂がのって一番美味しい季節。甘味が増してみずみずしく美味しい冬の大根と、脂がのった寒ぶりの組み合わせ「ぶり大根」は、寒い冬だからこそ食べたい煮物 ...続きを読む>>

2016 / 01 / 30 特集コラム

有機切干大根でつくるお惣菜。切り干し大根の煮物

干し野菜の中で「切り干し大根」は、最も代表的と言えるポピュラーな保存食。そして定番の「切り干し大根の煮物」はどこか懐かしい、おふくろの味。冷めても美味しいのでお弁当にも重宝!少し多めに作り置きして家庭の常備菜にどうぞ。 ...続きを読む>>

2015 / 12 / 20 特集コラム

有機金時人参と有機大根でつくる。手作りおせち「紅白なます」

おせち料理の定番、紅白なます(紅白膾)。千切りにした人参の赤と大根の白をお祝いの水引に見立て、縁起良くめでたいことを表す。金時人参を使えば、ひときわ鮮やかな赤色となり、よりおせち料理に華を添えること間違いなし。 ...続きを読む>>

2014 / 12 / 10 特集コラム

割り干し大根を漬物に。新潟冬の保存食 はりはり漬け

はりはり漬けの名前の由来は、食べた時にこの干し大根が、はりはりと音を立てるからと言われている。雪の多い新潟の越冬のための保存食として昔から親しまれており、数の子を加えておせち料理としても定番の漬物だ。 ...続きを読む>>

2013 / 12 / 20 特集コラム