ホーム > 特集コラム > 海外オーガニック情報 > ショップ・売場

ショップ・売場

オーガニックパンが身近な存在。BIO認証ブレッドが日常にある国フランス

フランスの食卓に欠かせない国民食「パン」。ここフランスでは、ビオ(オーガニック)の原料を使用しているものはもちろんのこと、BIO認証を取得したパンも珍しくない。一般のスーパーでも普通のパンと一緒に販売され、気軽に購入できる。 ...続きを読む>>

2016 / 12 / 1 特集コラム

海外のビオPB製品に学ぶ。シンプルすぎるパッケージじゃつまらない!PBらしさからの脱却

NBメーカーの製品の多くが各社工夫を凝らし、消費者の関心をひきブランドを際立たせる一方、PB製品はシンプルなデザイン、簡易なパッケージが多いという印象。家庭で使う分にはいいのだが・・・。 ...続きを読む>>

2016 / 11 / 15 特集コラム

パリのスーパーMonoprix(モノプリ)青果売場の3割はビオ!? PBオーガニックラインも展開

フランス発の高級スーパーマーケット、といえば「Monoprix(モノプリ)」。青果売場のラインナップを見て驚いた!ざっと見て全体の3割ほどがBIOの野菜や果物で占められていた。 ...続きを読む>>

2016 / 11 / 11 特集コラム

GLUTEN FREE(グルテンフリー)は、コーナー展開から専門店時代に突入

欧米で「グルテンフリー(GLUTEN FREE)」は取り扱いはもちろんのこと、認証マーク、プライスカードでの表示、コーナー展開なども当たり前の光景。既にロンドンではグルテンフリーベーカリー&カフェが登場。パリでは、グルテンフリー専門店が存在している。 ...続きを読む>>

2016 / 11 / 10 特集コラム

フランス・パリ オーガニックスーパー・自然食品店視察先まとめ

フランス、パリにはたくさんあるビオスーパー。オーガニック業界の方がパリに行ったら、視察しておきたい店舗をまとめました。 ...続きを読む>>

2016 / 11 / 6 特集コラム

グルテンフリーのベーカリー&カフェも登場!ロンドン GLUTEN-FREE BAKERY

欧米では小麦を使わないグルテンフリーのパンはオーガニックスーパーなどの専門店を中心に購入が可能だが、なんと、イギリス・ロンドンではもう、路面店のグルテンフリーのベーカリーが存在していた! ...続きを読む>>

2016 / 11 / 5 特集コラム

台湾政府によるファーマーズマーケット「希望廣場 The Hope Plaza Farmers Market」

日本でいう農水省、台湾の行政院農業委員會による農産物直売所(いわゆるファーマーズマーケット)が、台北市にある。その名も「希望廣場(The Hope Plaza Farmers Market)」。台湾の各地から農家が集まり、有機農家も多数出店。土日のみ開催。 ...続きを読む>>

2016 / 08 / 20 特集コラム

日本から台湾へ。有機食品を販売する上で壁となるもの / こだわりや台北信義店(胡田和里家)

こだわりや「胡田和里家 台北信義店」現地取材で、日本の有機食品を輸入、販売する上で困っていることは何かと訊ねてみた。一番に出てきた答えは「表示」に関する問題だった。日本の有機食品を台湾で販売するための苦肉の策と、今後についての課題、展望とは。 ...続きを読む>>

2016 / 08 / 15 特集コラム

日本の自然食品店が台湾へ進出。異国の地で「売れる」予測の難しさ / こだわりや台北信義店(胡田和里家)

国内外で40店舗(2016年8月現在)の自然食品店を展開する株式会社こだわりや。2015年2月に海外店舗「胡田和里家 台北信義店」をオープンしてから、もうじき約1年半。そんな、こだわりや台北信義店様の現地取材をさせていただきました。 ...続きを読む>>

2016 / 08 / 15 特集コラム

MADE RIGHT HERE!便利なカット野菜や半調理食品、デリに力を入れる、米国オーガニックスーパー

ここ数年の間に、海外のオーガニックスーパーの売り場が変化している。盛り付けるだけ、焼くだけ、炒めるだけ、煮込むだけ・・・といったように、用途に合わせた大きさにあらかじめカットしてある、野菜や肉などの半調理食品(Leady to cook)売り場が急激に拡大。 ...続きを読む>>

2016 / 05 / 1 特集コラム