ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 海藻類

海藻類

有機胡瓜とワカメの酢の物

一年中スーパーの野菜売り場に並ぶ、胡瓜(きゅうり)の本当の旬は夏。そして、体を冷やす作用があるため、暑い夏場に特に食卓に取り入れたい野菜だ。定番はやっぱり、胡瓜とわかめの酢の物! ...続きを読む>>

2018 / 08 / 15 特集コラム

有機大豆とひじきの炊き込みご飯

煮物でもおなじみの組み合わせ、大豆とひじきで作る、炊き込みご飯。お豆のホクホク感と、ひじきの磯の香りが一口ごとに味わえるよう、昆布だしで味付けは控えめに。 ...続きを読む>>

2018 / 01 / 30 特集コラム

だしがらでつくる「椎茸と昆布の佃煮」

出汁をとると必ずできる、だしがらを、そのまま捨ててしまうのは勿体ない!ちょっとひと手間で、立派なお惣菜に変身。甘辛く煮た椎茸と昆布の佃煮は、アツアツ炊き立てのご飯にぴったり! ...続きを読む>>

2017 / 12 / 20 特集コラム

基本の出汁の取り方「椎茸と昆布の精進だし」

昆布に含まれる旨味成分「グルタミン酸」と、干し椎茸に含まれる「グアニル酸」。椎茸のみの出汁よりも、むしろ組み合わせて使うと相乗効果で旨味が引き出され、より美味しい出汁に! ...続きを読む>>

2017 / 12 / 5 特集コラム

基本の出汁の取り方「鰹と昆布の合わせだし」

「かつおぶし」と「昆布」の黄金の組み合わせ、基本の合わせ出汁。鰹節の旨味成分「イノシン酸」やおよそ20種類にも及ぶアミノ酸に加え、昆布に含まれる旨味成分「グルタミン酸」。 ...続きを読む>>

2017 / 12 / 1 特集コラム

基本の出汁の取り方「昆布だし」

定番の出汁のひとつ、「昆布だし」。昆布だしは煮出しするほか、「水だし」するだけでも美味しく旨味を引き出せる。出した後の昆布も刻んで煮物にしたりと、捨てるところなし! ...続きを読む>>

2017 / 11 / 25 特集コラム

有機黒酢でさっぱりと炊きあげる。新物もずくの「もずくご飯」

3月頃から早摘みのもずくが出始め、4~5月頃に天然ものの収穫最盛期を迎えるもずく。ポン酢などでいただくのはもちろんのこと、有機黒酢を加えたもずくの炊き込みご飯もおすすめ。お酢を加えることでさっぱりとした味に! ...続きを読む>>

2017 / 05 / 1 特集コラム

わかめと釜揚げしらすの混ぜご飯

給食のメニューやお弁当でもおなじみのシラスとワカメのご飯。春の新ワカメと釜揚げのシラスでつくる混ぜご飯は、磯の香りが口の中いっぱいに広がる旬のごちそう! ...続きを読む>>

2017 / 04 / 15 特集コラム

有機大豆と昆布の甘煮「昆布豆」

大豆と昆布は、どちらも日本の伝統食材で健康食。この最強の組み合わせの煮物「昆布豆」は、昔からおふくろの味として食卓にのぼる煮豆の一つ! ...続きを読む>>

2017 / 02 / 10 特集コラム

春のタケノコと新ワカメのお吸い物「若竹汁」

春のタケノコと新ワカメ、どちらも「新物」が出回るシーズンには、思う存分味わいたいもの。筍とワカメの組み合わせは、もちろん味噌汁も美味しいのだが、出し汁とほんのわずかなお醤油で香りづけした、お吸いもの「若竹汁」で。まずはシンプルに、素材の味を味わいたい。 ...続きを読む>>

2016 / 04 / 1 特集コラム