ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 自然派ごはん

自然派ごはん

なめこの有機味噌炊き込みご飯

株採りなめこ(足つきなめこ)を使った「なめこの炊き込みご飯」は、傘の部分のねっとりとした食感と軸の部分の歯ごたえが楽しめる、おすすめの秋味ご飯。なめこ汁をイメージした有機味噌仕立てで! ...続きを読む>>

2017 / 09 / 15 特集コラム

4種のきのこたっぷり。きのこの炊き込みご飯

秋の味覚をたっぷり味わうご飯の代表格「きのこの炊き込みご飯」。きのこは1種類だけでも美味しいけれど、複数種類を組み合わせることで、複雑な旨味が絡み合って奥深い味わいに! ...続きを読む>>

2017 / 09 / 5 特集コラム

秋刀魚の炊き込みご飯

塩焼きした秋刀魚を丸ごと、大胆に土鍋に放り込んで一緒に炊き込んでしまう「秋刀魚の炊き込みご飯」。同じくこの時期旬の酢橘(すだち)を搾って、さっぱりといただこう。 ...続きを読む>>

2017 / 08 / 30 特集コラム

有機黒大豆の「黒豆ご飯」

大豆同様の栄養成分に加えポリフェノール(アントシアニン)も豊富なスーパーフード「黒豆」。お正月だけではもったいない!黒豆の煮汁も加えて炊くと、薄い紫色の黒豆ごはんに。 ...続きを読む>>

2017 / 07 / 30 特集コラム

有機枝豆の炊き込みごはん「えだまめご飯」

旬の時期のもぎたての枝豆の味は格別。そのまま塩ゆでして食べるのはもちろんのこと、「枝豆ご飯」としていただくのもまた、この旬の時期だけのお楽しみ! ...続きを読む>>

2017 / 07 / 25 特集コラム

半夏生に食べたいタコの炊き込みご飯「たこ飯」

半夏生(はんげしょう)は雑節の一つで夏至から数えて11日目。関西地方など地域によっては、この半夏生に「稲の根がタコの足のように大地にしっかり根付くように」という願いを込め、タコをいただく風習があるとか!? ...続きを読む>>

2017 / 07 / 1 特集コラム

わらびの炊き込みご飯

春の山菜の代表的存在、蕨(わらび)。保存可能な水煮なども販売されているが、もし採れたての蕨が入手できたら新鮮なうちに灰汁抜きをして美味しく味わいたい。シンプルにおひたしや煮つけ、炊きごみご飯もおすすめ! ...続きを読む>>

2017 / 05 / 15 特集コラム

有機黒酢でさっぱりと炊きあげる。新物もずくの「もずくご飯」

3月頃から早摘みのもずくが出始め、4~5月頃に天然ものの収穫最盛期を迎えるもずく。ポン酢などでいただくのはもちろんのこと、有機黒酢を加えたもずくの炊き込みご飯もおすすめ。お酢を加えることでさっぱりとした味に! ...続きを読む>>

2017 / 05 / 1 特集コラム

わかめと釜揚げしらすの混ぜご飯

給食のメニューやお弁当でもおなじみのシラスとワカメのご飯。春の新ワカメと釜揚げのシラスでつくる混ぜご飯は、磯の香りが口の中いっぱいに広がる旬のごちそう! ...続きを読む>>

2017 / 04 / 15 特集コラム

たけのこご飯

春に食べたい炊き込みご飯の代表格、たけのこご飯。たけのこ以外の具材はあまり加えず、出汁や調味料もシンプルに。まずは、旬の堀りたての生タケノコを、アク抜きするところからはじめよう。 ...続きを読む>>

2017 / 04 / 10 特集コラム