ホーム > 特集コラム > オーガニックレビュー > 編集部が試してみました!オーガニック本音レビュー > 本葛粉と寒天で作られた本格派和スイーツ「とろふる あずき・くろまめ」

本葛粉と寒天で作られた本格派和スイーツ「とろふる あずき・くろまめ」

2018 / 07 / 31特集コラム


「とろふる あずき・くろまめ」は、本葛粉と寒天で作られた本格派の和スイーツ。蒸し豆でおなじみの「だいずデイズ」さんだからこそ実現可能な、ホクホク美味しいお豆がたっぷり入った、お豆を味わうヘルシースイーツです。寒天だけだとシャキシャキになりすぎるところ、本葛もプラスすることで「とろふる」感を実現しています。ゼリー系には加工でんぷんや増粘多糖類が使われることも多いところ、葛粉100%の「本葛」を使用しているとっても贅沢な葛ゼリー。ゼラチンは使用していないので、ベジタリアンの方もいただけます。

『栄養の偏りがちな夏だからこそ「スイーツから栄養補給」という新しい選択を』
・・・が、キャッチフレーズ。

美味しい和風デザートを食べることで、気づけばお豆の栄養を摂れているわけですね。しかも、暑い夏もさっぱり食べられてカロリーも控えめ。アイスクリームを食べるよりずっと健康的だと思います。また、有機小豆、国産特別栽培の黒豆を使用するなど本葛以外にも素材にはこだわっています。それでいてこの価格(税別250円)はとても良心的ですね。

※あずき:110kcal / 1袋 くろまめ:119kcal / 1袋

本葛粉と寒天で作られた本格派和スイーツ「とろふる あずき・くろまめ」

とろふる あずき・とろふる くろまめ 各250円(税別)

コンビニで手軽に買える和スイーツの多くは、味気ないプラスチックのカップ入りですが、こちらは袋入り。利便性という意味では賛否ありそうですが、切り口から簡単に開けられるので、何の問題もありません。

本葛粉と寒天で作られた本格派和スイーツ「とろふる あずき・くろまめ」
パッケージの裏面をよく読まない方は、デザインイメージのように、ゼリーがブロック状で豆と別になった状態で入っているものと思ってしまうかもしれませんが、実際には袋の中で一塊に固まっています。スプーンなどで崩してから食べるようにと書かれています。

本葛粉と寒天で作られた本格派和スイーツ「とろふる あずき・くろまめ」

とろふる あずき

袋を開けてスプーンで崩し、そのまま食べようと思えば食べられるのですが、、それでは勿体ない!是非、器に移してからいただきましょう。ひと手間かけて器に入れて食べたいと思える、専門店に負けない美味しさです。

本葛粉と寒天で作られた本格派和スイーツ「とろふる あずき・くろまめ」

とろふる くろまめ

パッケージに説明は書かれていますが、お正月に食べる煮豆のように黒豆は真っ黒だとイメージしている方は、黒豆の色が薄くて驚くかもしれません。真っ黒でないのは、食品添加物を一切使用していないから、色調安定剤を使っていないから、なのです。

オーガニックに携わるものとしては当たり前と思っていること、理解できることも、多くの消費者にとっては必ずしもそうではありません。どうすれば情報が消費者の手に届くのか、知識を高める情報を発信していけるか。業界全体の課題となっています。美味しくて身体に優しい食品を通じて、ホンモノって何か?知っていただきたいですね。

「とろふる あずき・くろまめ」のいいね!ポイント
◎本葛粉を使用
◎有機・特別栽培の原料を使用
◎添加物不使用
◎人工甘味料不使用
◎手ごろな価格帯
◎常温での流通が可能

Text / Photo : Organic Press

【共同企画】オーガニックプレス&オーガニックヴィジョン
「オーガニックの商品力」

これからのオーガニック業界では、商品そのものが魅力を放つ「商品力」が必要とされるだろう。市場と消費者意識をいちはやく察知したメーカーによる、多彩な「商品力」を持つオーガニック商品にフォーカス。商品を検証、実食し、さまざまな視点から新商品を分析する。

【共同企画】オーガニックプレス&オーガニックヴィジョン「オーガニックの商品力」

※一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)発行「ORGANIC VISION vol.11」(発売日:2018年7月31日)オーガニックプレス&オーガニックヴィジョン共同企画「オーガニックの商品力」にて、一部レビューコメントが掲載されます。

▽一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)
http://ovj.jp/