ホーム > 特集コラム > オーガニックレビュー > 編集部が試してみました!オーガニック本音レビュー > そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」

そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」

2018 / 05 / 5特集コラム


SetanA organic(セタナオーガニック)の「有機フロマージュブラン」は、国産でしかも有機JAS認証という、なかなかお目にかかれない希少な乳製品です。フランスでは朝食や離乳食などでも食べられ、日常の食卓でも親しまれているという、Fromage Blanc(フロマージュブラン)ですが、日本ではまだあまり見かけませんよね。フロマージュブランは、種別としては「フレッシュチーズ」に分類されている、熟成させていない生チーズです。

『私たちの身体は私たちが食べた物で出来ている』と言いますが、それは牛たちにとっても同じこと。原料となる生乳は、牛たちの環境や食べたものがダイレクトに反映されます。

北海道、瀬棚(せたな)の有機牧場では、牛たちは主に有機牧草を食べていて、飼料はすべて有機JAS認定を受けたもの。もちろん、遺伝子組み換えされたものは一切ありません。美味しい食べ物を食べ、広大な牧草地で一日の大半をのびのびと自由に過ごしている、ストレスフリーの牛たち。そんな牛たちの乳からできるフロマージュブランは美味しいに違いない!

そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」
有機乳製品ブランド、セタナオーガニックをプロデュースするのは、ERDBEERE(エルトベーレ)さんです。素朴でエコな従来のオーガニックのイメージとは異なり、都会的に洗練された美意識が感じられる世界観があります。

そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」
届いた箱を開けると、目に飛び込んできた「いつものヨーグルトを、有機フロマージュブランに」の文字。冷蔵品の為水滴などで濡れてしまわないよう配慮されつつ、ブランドコンセプトなどが書かれたリーフレットなども同梱されています。

緩衝材まで、なんだか素敵だったりします。

そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」

見た目はヨーグルトのようですが強い酸味はなく、生クリームほどこってりはしていません。コクがあるのにすっきりとした後味!美味しいです。

そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」
そのまま食べてももちろん美味しいのですが、フルーツやジャムと合わせるだけで、ちょっとした高級デザートになります。

そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」
蜂蜜やジャム、シリアル類などを合わせていただくとか、ドレッシングに使ったり、レアチーズケーキなどにしてもいいですよね。でも、もっと他に利用方法ないかなぁ?と、考えているうちに思い付いたのが、アイリッシュソーダブレッド。イーストではなくベーキングソーダ(重曹)を使う、発酵不要のクイックブレッドです。

そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」
アイリッシュソーダブレッドのレシピとしては本来「バターミルク」を使うのですが、日本ではバターミルクが入手しにくいため、代わりに「フロマージュブラン」を使ってみました。

そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」
バターや植物油なども使用しませんでしたが、外側はざっくり、内側はずっしりしっとりの、美味しいソーダブレッドになりました。

そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」

そして、ヨーグルトの代わりにフロマージュブランを使ったパンケーキ。ふんわりもっちりとした、おしゃれカフェにでてきそうな、リッチなパンケーキの出来上がり!

そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」
現在オンラインショップで購入できるのは、400g×2個入り。冷蔵で賞味期限8日と、あまり日持ちはしないので、鮮度がいいうちに食べきれないことも。そんな時は、ヨーグルト感覚で、デザートとしてそのまま食べるだけではもったいない!常識にとらわれず、あえてパンや焼菓子などにプラスするなど色々なレシピに挑戦し、味わってみるのも面白いかもしれません。フロマージュブランの可能性、もっと広がりそうですね。

そのまま食べるだけではもったいない!「有機フロマージュブラン」

「SetanA organic(セタナオーガニック)有機フロマージュブラン」のいいね!ポイント
◎オーガニック認証であること
◎安定剤、添加物など不使用(健康的な原材料使用)
◎抗生物質やホルモン剤の投与なし。健康な牛の乳が原料
◎有機牧草地でのびのび。アニマルウェルフェアに配慮された飼養管理
◎乳製品でありながらシンプルで洗練されたパッケージデザイン

Text / Photo : Organic Press