ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 調味料・ソース・ディップ > 自家製オーガニックマヨネーズ

自家製オーガニックマヨネーズ

2014 / 04 / 5特集コラム


サラダやタルタル、サンドウィッチなど、様々な料理の調味料として大活躍するマヨネーズ。コレステロールが気になる方のために、カロリーハーフやライトなタイプなど一見ヘルシーなものが販売されているが、多くのものには化学調味料や添加物、糖類などが含まれる。マヨネーズの基本となる材料は、卵、油、酢、の3つ。新鮮な卵を使っているとうたっていても、どのような環境で育ち、どのようなエサを食べて育ったニワトリの卵なのか?は不明だ。また、食用植物油脂についても、具体的に何のオイルを使っているのか?がわからないことも多い。

その点、通常オーガニックスーパーで販売されているものは、有精卵や平飼卵に限定していたり、オイルも健康的なものに限定していたりと安心感がある。マヨネーズを購入する際には、パッケージをよく見て選ぶようにしよう。とはいえ、マヨネーズに使われる材料は、本来日持ちがしなかったり酸化しやすい素材だ。ちょっとした手間はかかるが、新鮮な卵と良質のオイルを使って自分で手作りするのが一番だ。現在、日本ではオーガニック認証卵はあるが、製品としてオーガニックマヨネーズはない。オーガニック卵、オーガニックビネガー、オーガニックオイルを使えば、自家製でオーガニックレベルのマヨネーズが味わえる。

自家製オーガニックマヨネーズ

■材料
オーガニック卵(平飼卵) 卵黄 1個
オーガニック植物油  150ml
オーガニックアップルビネガー  大さじ1
オーガニックマスタード  小さじ1
自然塩   少々
お好みの香辛料など
※オイルはグレープシードオイル、オリーブオイル、なたね油、紅花油などお好みで。
※ビネガーはワインビネガーや穀物酢などでも可

■道具
ボウル / 泡だて器

■作り方
1.ボウルに卵黄、マスタード、お酢を入れて混ぜる。

自家製オーガニックマヨネーズ

2.オイルを大さじ1~2杯程度を加えてよく泡だて器で良く撹拌する。

3.少しずつ、オイルを加えながらそのまま撹拌し続ける。オイルは一気に加えてしまうと分離しやすいため、少しずつ様子を見ながら加えるのがポイント。

自家製オーガニックマヨネーズ

4.マヨネーズ状になったら、最後に塩を少々加えて味を整える。