ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > おせち料理 > 鶏の松風焼き。手作りおせち「のし鶏」

鶏の松風焼き。手作りおせち「のし鶏」

2017 / 12 / 15特集コラム


おせち料理の定番「熨斗鶏(のし鶏)」。慶事の贈り物や祝儀袋などに使われる、熨斗の字を使うおめでたいのし鶏は、別名「松風焼き」とも呼ばれる。表面はけしの実や青のりをかけて彩り豊かな反面、裏には何もついていないため「裏がない」正直な人間になりますようにという意味も込められているという。正方形や長方形に切り揃えても良いが、正月のおせちには末広がり、縁起の良い扇形に切り分けて!

■材料
鶏ひき肉     400g
有機生姜   20g
有機卵(平飼い卵)  1個
けしの実(ポピーシード) 10g
塩    小さじ1/2
片栗粉  大さじ1
有機味噌 大さじ1
みりん  大さじ1
甜菜糖(砂糖) 大さじ1
有機淡口醤油 大さじ1/2

■道具
ボウル・フードプロセッサー・型(18×18cm)・オーブンシート・オーブン(フライパンで焼いてもOK)

■作り方
1.ボウルに鶏ひき肉、塩小さじ1/2を入れて粘りが出るまで練る。

2.すりおろした生姜、溶いた卵、調味料(味噌、醤油、砂糖、みりん、片栗粉)を入れて、フードプロセッサーでなめらかになるまで混ぜる。

鶏の松風焼き。手作りおせち「のし鶏」

3.オーブンシートを敷い型に流し入れ、表面を平らにする。

4.けしの実をまんべんなく上に敷き詰め表面を軽く押さえる。(けしの実がない場合は白ごまでもOK)

鶏の松風焼き。手作りおせち「のし鶏」

5.温めたオーブンに入れ、180度で15分程度焼く。

鶏の松風焼き。手作りおせち「のし鶏」
6.型から出して、端の部分を整え、扇形に切り分ける。

鶏の松風焼き。手作りおせち「のし鶏」
7.竹フォークで刺して盛り付ける。

鶏の松風焼き。手作りおせち「のし鶏」
青のりをちらしても◎

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato