ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 自然派ごはん > 有機さといもの炊き込みご飯

有機さといもの炊き込みご飯

2016 / 10 / 10特集コラム


秋から冬にかけてが旬の里芋。品種によっては7、8月頃から市場に出回りはじめる。最近ではあらかじめ皮をむき下処理されたものも販売されており、一年中入手も可能な野菜ではあるが、やはり一番おいしい季節は秋から冬にかけてだ。

里芋といえば煮物が定番だが、是非試してもらいたいのが里芋の炊き込みご飯!ホクホクでねっとりとした食感が特徴の里芋。炊き込みご飯にすれば、ご飯もしっとり、もっちり、里芋のねっとり感とで優しい味わいに。

有機さといもの炊き込みご飯
■材料
有機白米  2合
水    360ml
有機里芋 5~6個(皮をむいたもの正味250g)
有機生姜  15g
有機油揚げ  1/2枚
昆布   1枚 (5~10㎝角くらい)
酒    大さじ1
みりん    大さじ1
有機醤油  大さじ1
自然塩  ひとつまみ

※煎り白ごまなど

■道具
土鍋・ボウル・ざる

■作り方
1.お米をとぎ1~2時間程度水に浸しておく。

2.里芋は洗って皮をむき、食べやすい大きさに切る。ボウルに入れて塩(分量外)を適量ふって、軽くぬめりをとり、さっと水洗いをしてざるにあげる。

有機さといもの炊き込みご飯

3.油揚げはあらかじめさっと熱湯に通して油抜きし、千切りにしておく。生姜も皮をむき、千切りにしておく。

4.土鍋に1の米、水、昆布、その他調味料(酒・みりん・醤油)、塩ひとつまみを入れ、具材の油揚げ、生姜、里芋を入れる。

有機さといもの炊き込みご飯

5.土鍋を中火にかけ、10~15分程度で中のお湯がぐつぐつ煮えてきたら、弱火にしてさらに10~15分炊く。炊きあがり火を止めてからしばらく蒸らす。

有機さといもの炊き込みご飯
6.炊き上がったらしゃもじで切るようにさっくり全体を混ぜて、さらにしっかり蒸らす。

有機さといもの炊き込みご飯

茶碗に盛り付ける。お好みで白ごまをかけても◎

有機さといもの炊き込みご飯