ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 乳製品・牛乳・ヨーグルト > 本物の生クリームからつくる。自家製マスカルポーネ風

本物の生クリームからつくる。自家製マスカルポーネ風

2016 / 05 / 30特集コラム


イタリアでおなじみのフレッシュチーズ、マスカルポーネ(Mascarpone)。日本ではティラミスの材料というイメージが大きく、あまりポピュラーではないものの、最近流行のパンケーキとの組み合わせでにわかに認知度上昇中だ。マスカルポーネはチーズといっても熟成させておらず、クリームチーズに比べても酸味や塩分が少ない。そのため、甘みの少ないスコーンやクラッカーなどにそのまま合わせるよりも、生ハムやスモークサーモンなど塩分のある素材にあわせたり、スイーツの原料としてや生クリームのようにお料理に使われることが多い。レシピに「マスカルポーネ」と書いてあるけれど、近くのコンビニやスーパーで扱っていないし遠くのお店までわざわざ調達しに行くのは大変・・・そんな時には、生クリームとレモン汁を使って代用できるので、ぜひ試してみて!もちろん、使うのは「ホンモノの生クリーム」で。「植物性脂肪」のホイップクリームでは作れないのでご注意を。

■材料
生クリーム 500ml
有機レモン汁 大さじ3

※レモンの酸度により分離しにくいことがあります。
※生クリーム500mlで350~400g程度のマスカルポーネができます。

本物の生クリームからつくる。自家製マスカルポーネ風

■道具
鍋・ボウル・木べら・濾し布・保存容器
※漉し布が無ければ目の細かい濾し器、ネット2~3重にしたものを使ってもOK

■作り方
1.鍋にお湯を沸かし、ボウルに入れた生クリームを湯煎にかける。

本物の生クリームからつくる。自家製マスカルポーネ風

2.レモン汁を加え全体をやさしくかき混ぜる。徐々に分離してくるので、5~10分ほどしばらくそのまま置いた後、ボウルを外して粗熱をとる。

本物の生クリームからつくる。自家製マスカルポーネ風
3.別のボウルと濾し布を用意し、2を流し入れ、軽く余分な水分を落とす。

本物の生クリームからつくる。自家製マスカルポーネ風
4.密閉できる容器に入れて冷蔵庫で一晩寝かせる。

本物の生クリームからつくる。自家製マスカルポーネ風
本物の生クリームからつくる。自家製マスカルポーネ風