ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 和食のおかず・お惣菜・常備菜 > 有機大豆でつくるお惣菜。大豆の五目煮「五目豆」

有機大豆でつくるお惣菜。大豆の五目煮「五目豆」

2016 / 01 / 20特集コラム


日本の家庭料理の定番「五目豆」五目豆の「五目」は、5種類の豆ではなく、大豆をメインに5種の(5種に限らず複数の)食材を一緒に煮込んだ煮豆のこと。大豆以外の人参やごぼう、蓮根などが一般的だが、椎茸を入れたり、筍を入れたり、彩りにいんげん豆を入れたりなど、各家庭によって選ぶ食材も様々だ。国産の有機大豆をはじめすべてを有機食材にしたオーガニック五目豆は、素材の味を活かす薄味にして、さらりとサラダ感覚でどうぞ。こっくりとした甘めが好みの方は、砂糖や味醂の量を調節して好みの味付けで。その時の旬の食材を取り入れて、自分好みの五目豆を作ってみよう。

■材料
有機大豆(乾燥大豆)       75~100g(茹で大豆で200g程度)
有機人参                  75g
有機ごぼう       70g
有機蓮根                  120g
有機こんにゃく     120g

だし汁         400ml
有機醤油        大さじ3~
みりん         大さじ1
砂糖          大さじ1~

■道具
鍋・落し蓋

■作り方

有機大豆でつくるお惣菜。大豆の五目煮「五目豆」

1.下準備
◎乾燥大豆は事前に水に浸け、下茹でしておく。
▽有機大豆を茹でる。大豆の水煮、茹で大豆
http://www.organic-press.com/feature/feature_recipe_127/

◎こんにゃくは、1~1.5cm程度角の大きさに切り下処理(沸騰した湯にこんにゃくを入れ、再び煮立ってから2〜3分茹でて手早くざるに上げる。)しておく。

◎れんこんは、皮を剥いて1~1.5cm角の大きさに切り、アク抜きのために酢水か水に漬けた後、さっと下茹でしておく。

◎ごぼうは、皮を剥いて輪切り(太い牛蒡であれば、1~1.5cm角の大きさに縦4つ切り程度にして1~1.5cm角くらいの大きさに切る)にし、水に漬けアク抜きした後、さっと下茹でしておく。

◎にんじんは、皮を剥き1~1.5cm角の大きさに切っておく。

有機大豆でつくるお惣菜。大豆の五目煮「五目豆」

2.鍋に下準備しておいた5目(大豆・こんにゃく・れんこん・ごぼう・にんじん)を、鍋に入れ、出し汁をひたひた(400ml)程度に入れて中火で煮る。途中、アクが出たらを取りながら煮る。

3.具材全体が煮えてきたら、醤油、みりん、砂糖を入れてそのまま汁気が少なくなるまで煮る。味を確認し、甘味が足りないなどがあれば、適宜調味料をプラスして味を調える。そのまま汁気が少なくなるまで落し蓋をして煮る。

4.柔らかく煮上がったら火を止め、そのまま冷まして味を含ませる。

有機大豆でつくるお惣菜。大豆の五目煮「五目豆」

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato