ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 自然派おやつ > 乾燥とうもろこしからポップコーンを作る

乾燥とうもろこしからポップコーンを作る

2013 / 09 / 10特集コラム


ポップコーンは乾燥とうもろこしを加熱してできる。では、普通のとうもろこしを干せば作れるのか?というと、実はそうではなく、「爆裂種」のとうもろこしでなければポップコーンはできない。爆裂種は粒の皮が非常に硬くて、加熱すると粒の中の水分が水蒸気となって膨張する。この爆裂種の硬い皮が、膨張する水蒸気の圧力により限界まで達すると皮がやぶれ、急激にはじけてポップコーン状になるのだ。

電子レンジでチンして、粒の状態から簡単に作ることが出来るポップコーンなども販売されているが、あらかじめ油脂が添加されているもの、添加物を使用しているものも多い。出来れば、乾燥したオーガニックのとうもろこしの粒だけを袋詰めした、シンプルなものを選びたいもの。また、オーガニックスーパーなどに行くと、国産の有機乾燥とうもろこしが、干した後のそのままの状態でも販売されているものもある。そんな有機の乾燥とうもろこし(爆裂種)を見つけたら、是非一度、まずは粒をほぐしてとるところからポップコーンを作ってみて欲しい。自家菜園をされている人は、ポップコーン用の種を蒔き、自分で育てたものを収獲し、乾燥させて作ってみるのもおすすめだ。

乾燥とうもろこしからポップコーンを作る

■材料
乾燥有機とうもろこし(ポップコーン用品種・爆裂種)
自然塩

■道具
フライパン
フライパン用ふた

■作り方

1.干して乾燥されたとうもろこしから、粒をほぐしてとる。
※雑巾を絞るように、とうもろこしを軽くしぼるとほぐれやすい。
※細かいゴミなどはとりのぞく。

乾燥とうもろこしからポップコーンを作る
乾燥とうもろこしからポップコーンを作る

2.フライパンに乾燥とうもろこしの粒を入れ、フタをして中火で加熱する。何倍にも膨らむので、入れすぎないように注意。1/2本分くらいで1人分としては十分の量できる。油はひかなくてもよい。

乾燥とうもろこしからポップコーンを作る

3.フライパンを軽く揺り動かしながら、焦がさないようにまんべんなく加熱する。
ポンポンとはじける音がするので、音が止むまで加熱する。

乾燥とうもろこしからポップコーンを作る

4.熱いうちに塩をふる。
(塩は加熱するときに加えてもOK)

乾燥とうもろこしからポップコーンを作る