ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 野菜・果実の下処理・基本手順 > モロヘイヤの茹で方

モロヘイヤの茹で方

2015 / 08 / 20特集コラム


あのクレオパトラも食していた!?とも言われる、野菜の王様モロヘイヤ。国内栽培も多くされるようになり、近頃では有機栽培のオーガニックモロヘイヤも購入できるようになるほど身近なものになってきた。モロヘイヤに含まれる栄養素、カルシウムやカロテン、ビタミンB、ビタミンC、カルシウム、食物繊維など、その栄養価の高さは緑黄色野菜のなかでもトップクラスだ。スーパーフード野菜としても注目!

モロヘイヤの茹で方

■材料
有機モロヘイヤ  1束
塩    適量(ひとつまみ)

■道具
ざる・鍋

■調理の仕方
1.モロヘイヤを水で洗った後、葉っぱを茎からちぎってとる。

モロヘイヤの茹で方

2.鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩をひとつまみ加えてモロヘイヤの葉っぱをさっと茹でる。20~30秒程度

モロヘイヤの茹で方
3. ざるに上げて冷水にとって熱をとり、色止めする。

モロヘイヤの茹で方

4.ざるにあげて、手でギュッと水分をしぼる。
ゆでて和え物、お浸しなどにする場合は、ざっくりと3~4cm程に刻んで。また、ゆでると粘り気がでるので、茹でたモロヘイヤを包丁で叩き、粘りを出してから、納豆やオクラなどと一緒に和えたり、味噌汁やスープの具などにしてもおいしい。

※すぐに食べない場合は、小分けにラップをして冷凍保存すると便利

モロヘイヤの茹で方

モロヘイヤの茹で方

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato